@kotyのブログ

.NETとかJavaとかPythonとか勉強会のこととかを、田舎者SEがつづります。記事のライセンスは"CC BY"でお願いします。

第2回「Linuxのしくみ」読書会参加記録

参加者は10名くらい。思ったより(?)1回目より減らなかった。

nseg.connpass.com

今回も関西より一名リモート参加者あり。zoomにて中継しました。

いよいよソースコードが登場しました。c言語は学生のとき以来でそもそもコンパイルの方法を忘れていた。。。

処理結果をグラフにプロットしてみて、プロセススケジューラの仕事っぷりを見る箇所がありました。 グラフの描き方までは載っていなかったので、その場で以下のサイトでざっくりプロットしてみました。*1

gnuplot.respawned.com

今どきならjupyter notebook上でmatplotlibを使ってグラフを書くんでしょうか。というわけでやってみました。

まずはanacondaをインストールし、仮想環境に入る。

pyenv install anaconda3-4.3.1
pyenv local anaconda3-4.3.1

anacondaだとjupyter notebookやmatplotlib等がひととおり揃っているらしい。すごい。 そりゃデータ屋さんがみんなanaconda使うわけです。

%matplotlib inline

import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

data = np.loadtxt('data.csv', delimiter=',')
fig1 = plt.figure(figsize=(10, 5))

ax1 = fig1.add_subplot(1,1,1)
input1 = data[:,1]
output1 = data[:,0]
ax1.scatter(input1, output1)

fig1.show()

できたグラフがこちら。 f:id:kkotyy:20180427171636p:plain

次にy軸が進捗のもの

fig2 = plt.figure(figsize=(10, 10))

ax2 = fig2.add_subplot(2,1,2)
input2 = data[:,1]
output2 = data[:,2]
ax2.scatter(input2, output2)

fig2.show()

グラフはこちら。 f:id:kkotyy:20180427171728p:plain

系列ごとに色を変える方法がわからないし、軸が黒背景の上に黒文字で何が何だか分からない。。。取り急ぎこんな感じで。ちょっとづつ勉強します。

次回は連休明けです。 nseg.connpass.com

*1:約20年ぶりにgnuplotを使った