@kotyのブログ

.NETとかJavaとかPythonとか勉強会のこととかを、田舎者SEがつづります。記事のライセンスは"CC BY"でお願いします。

ゴミAlexa Skillを作った

今日審査に合格して公開にいたった。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07DPKSP3R/

Google Assistant版も半年ほど前に作った。

AlexaもAssistantも大まかな作りや出てくる用語は同じ。ただしバックエンドのfunctionにPython(しかも3.6)を使える点と無料で使う範囲内だと外部にhttpリクエストを送れる点で、 Alexaの方が作りやすい。

また、多くのAWSの機能を使えるのAlexa Skillのも利点である。本件ではリクエスト内容をDynamoに保存して2回目以降は地区名を言わなくても良いようにできた。

審査はAlexa、Assistantともに3回目の申請で合格した。もう少し下調べすれば3回も申請しないで済むと思う。自分はとりあえずぽちったので。。。審査をする方はこういったしょうもない申請を毎日レビューしているんだろう。しかし申請に対する公称5営業日以内のフィードバックが半日で返ってきた。組まれているレビュー体制に比べて申請が少ないのかもしれない。

今なら公開特典があるらしい。

スキルを開発して、特典をもらおう | Amazon Alexa | アレクサ

Tシャツはもらえるが、echo dotをもらえる要件の利用者100名は無理だ。。。

しかしまたゴミアプリを作ってしまった。ここ1,2年はやっつけのものしか作っていないので、腰を据えてゴミではない何かを生み出したい。

はじめてのAlexaスキル開発 [音声認識アプリ開発の基礎知識を身に付ける! ]

はじめてのAlexaスキル開発 [音声認識アプリ開発の基礎知識を身に付ける! ]