@kotyのブログ

PythonとかAWSとか勉強会のこととかを、田舎者SEがつづります。記事のライセンスは"CC BY"でお願いします。

Form Swim (AR ゴーグル)レビュー #formswim

社会人になって以来20年近く水泳が趣味です。しかし40も過ぎて泳力の衰えは否めずモチベーションも落ち気味でした。何より、45秒/50mのペースを守れなくなり本数を非常に数えにくくなったのがモチベを下げています。

この対策として自分なりにアプリを作ってみたりもしました。

play.google.com

しかしスマホのセンサーを使ってできることには限界があり、結局あまり使っていませんでした。

お一人様練習で、特に泳いだ距離をどう数えるかに悩んでいたところに、今年2019年夏頃FBかInstagramの広告で見かけたのがこちら。

なんという未来感でしょう。思い切ってぽちりました。


FORM Swim Goggles – See your metrics while you swim

(どうでもいいですが、この動画の中でなぜかコーチがジャージ着たまま水中で拍手しているのが、バカバカしくて好きです)

amazonだと高いので公式サイトで買うのが良いと思います。私はそうしました。

6回ほど使ってみたので、ここいらでレビューを載せたいと思います。結論を言っておくと、水泳を真面目に練習したい人には買いだと思います!

できること

各種メトリクスの計測および表示

ターンを自動で検知し、各種メトリクス(公式サイトによると Split time, interval time, rest time, total time, stroke rate, stroke count, distance per stroke, pace per 100, pace per 50, distance, length count, calories burned)を計測およびディスプレイへ表示します。

バッテリーの持続時間は公称16時間

(当然)10m防水

心拍の計測

今月2019年12月くらいから、polarの心拍計と連携できるようになりました。

こちらも計測およびディスプレイに表示できます。

使用感

実物

通常のゴーグルに出っ張りがついています。この中にセンサーやディスプレイが格納されています。 f:id:kkotyy:20191226143445j:plain

こんな感じで、ディスプレイを直接見るのではなく半透明の鏡を通して見ます。 実際の見た目は、上に掲載したyoutube画像ほどは未来感はなく割と地味です。地味ですが十分視認性は良いです。また、輝度の調整もできるので屋外で使うときはもっと明るくすると良さそうです。 f:id:kkotyy:20191226143202j:plain

操作性

ボタンが2個ついていて、ひとつはカーソル移動、もうひとつは決定とシンプルな作りになっています。細かい設定はスマホアプリの方でやるので本体側はこれで必要十分ですね。

計測方法

計測開始を押すとスタート待機状態になり、壁を蹴ってスタートするとそれを検知して自動的に計測が始まります。すごい。でも稀に検知しない時があり、数秒開始が遅くなることがありました。

ターンの検知は正確で一度も誤検知や未検知はありません。

計測結果

ゴーグルでも終了時に距離や時間は見れます。さらにアプリだと詳細に見れます。 f:id:kkotyy:20191226150451p:plain

心拍のグラフ f:id:kkotyy:20191226150626p:plain

良い点

  • 長距離泳ぐ時に距離を数えてくれる
  • 細かく正確にラップを取るので、泳力の小さな向上を見いだせる
  • 心拍を正確に測るので練習の負荷を客観的に評価できる

いずれもこれまでの水泳の練習にありがちな悩みを解決するもので、革命レベルと言っても過言ではありません!!!

イマイチな点

ゴーグルに水が入りやすい

一番はコレですね。壁を蹴る際や息継ぎの際に大きなでっぱりが抵抗になり少しゴーグルが浮いて、水が入りやすいです。普通のゴーグルよりきつめに装着する必要があります。 何でクッションつけちゃったんだろうな〜。クッションがなければ出っ張りが多少減ると思うんですよね。いらんだろこれと思って外して装着してみたのですが、まつ毛が半透明鏡に当たってしまいました。

追記

ゴーグルが水に入りやすいのは、心拍計をゴムバンドに付けているのでその厚みの分ゴーグルの密着度が下がるための模様。かといって心拍計を反対側のこめかみに付けるとレシーバーとの距離が開くので正しく心拍を取れなくなる。水中ではbluetoothが飛びずらいためかな。

今のところは、帽子の内側に心拍計を入れてやるとゴーグルに水も入りづらく心拍も正しく取れる。この短所は心拍計を紛失する可能性が高まること。

心拍計を正しく装着できない場合がある

心拍計で正しく計測するためにはこめかみに密着させる必要があります。ところがゴーグルのゴムバンドにつける関係で、ゴムの付け方によっては心拍計が浮いてしまい正しく計測できなかったことがありました。気をつければ良いだけの話ですが。

あとはゴーグル自身の傷がどうかですね。普通のゴーグルは1年くらい使っていると傷が目立つようになりますからね。付属していた専用ケースに一応入れているので、普通のゴーグルよりは傷はつきにくいはず。

終わりに

イマイチな点も挙げてみましたが、慣れればどうにかなる範囲な気もします。全体としてはやはり買いだと思います。練習のモチベーションが上がりました。

作り手側に立ってみると、モノ作りもできる人を羨ましく感じます。私はソフトウェアを作ることしかできません。